30代フリーターから就職をする方法

 

「ハローワーク、転職サイトで履歴書を送ったけど撃沈。全然書類選考が通らない・・・」

30代の就活の大前提として『書類選考を通過するにはハローワーク、転職サイトではほぼ無理です。』

理由は年齢だけで判断されて、送った書類が読まれていない可能性が高いからです。

30代フリーターというハードルを飛び越え、一発逆転就職する方法。

・・この記事ではそんな一発逆転方法を詳しく書いていきます。

 

人手不足を感じている企業は年々増えている。30代の就職に追い風

『51.8%』

この数字は何を表すでしょうか。

この数字は大企業の51.8%が人手不足を実感していると帝国データバンクの労働力調査に大企業が回答した%です。

次に『43.7%』

この数字はなんでしょうか?

この数字は中小企業の43.7%が人手不足を感じていると同調査で回答した%になります。

※調査期間は2017年7月18日~31日、調査対象は全国2万3,767社で、有効回答企業数は1万93社(回答率42.5%)

このように現在では大企業、中小企業問わず多くの企業で人手不足が叫ばれています

どこの企業も若手を集めるために躍起になっていますが、現状はなかなか若手すら集まらない状況です。

それどころか非正規の職員ですら集まらない状況が続いています。

 

人手不足の業界を狙うのが30代フリーターの就職方法?

30代フリーターからの就職方法としてよく話題になるのが『人手不足の業界を狙って仕事を探す』です。

同帝国データバンクの調査では人手不足の業界も紹介されています。

情報サービス業

情報サービス業は人員が不足している業種第一位です。

気が付けば数字が約7割近くに達し、慢性的な人手不足が続いてる状況です。

30代からエンジニア目指せとなると難しいかもしれませんが、営業職などは常に需要があります。

 

各種小売業・サービス業

各種小売業・サービス業も常に人手不足の業界です。

非正規では上位10業種中7業種が小売や個人向けサービスで、消費者と直接的に接する機会の多い業種では人手不足を感じている割合が高いことが分かります。

 

運送業

某運輸会社が宅配サービスの影響で残業時間が長いということで話題になりました。

長距離運転手の不足は大変のわりに給料が安いことがあげられます。

体力勝負の仕事で、体に負担がかかる。

これからますます人手不足が深刻になる業界です。

 

介護職

介護職はブラックと言われている業界の中でも比較的ゆるい業界です。

やりがいがある仕事ですし、資格をとることで昇給もしやすいです。

ただし離職率も高いので、人の為になりたいという思いがないと厳しい仕事であることは変わりありません

そして近年は、無資格での就職が難しくなってきており、人手不足ではあるが30代無職からはまずは資格取得が必要になります。

30代を求めている企業にピンポイントで就活するのがポイント

「とにかく履歴書を送って受ける会社数を増やす」もいいですが、

30代職歴なしの人がやる就活は「狙いを定めて就活をする」方が良いでしょう。

狙いを定めるとは30代、40代でも欲している企業を積極的に受けることを意味しています。

この記事の後半で紹介する転職エージェントは30代・40代限定で利用可能です

30代、40代を求めている企業に、ドンピシャで就活が出来るので効率よく就活ができます。

POINT
  • 30代を求めている企業にドンピシャで就活するのが大切。
  • 30代~40代の年齢層の求人しか扱っていないエージェントを使おう

30代の就活は資格を取得しても意味がない?

例えば30代からの就活をするときに『資格を取れば就職が楽になる』と書かれていることがありますが、

あれはほぼ嘘です。

というのも、30代職歴なしの就活の場合は、

『レベルの高い資格を取得した場合のみ価値があります』

といっても、運転免許証は取っておくと就職の幅が広がることは確かです。

1歳年を取ると就職率は下がっていく。今の年でベストの就職を

30歳までなら就職口は割と簡単に見つかり、書類選考も通りやすいと思っている人もいると思います。

しかし、実際は20代も後半になってくると、如実に就活の厳しさが分かってきます。

特に30代で無職の人が使える就職サービスが1,2個しかありません

(だから余計に就職が厳しくなるんですよね・・・)

20代の後半でさえ書類選考の通過率が落ち、30代は20代とは比べようがないくらい選考が通過しません。

(実際に29歳無職の僕は書類選考はほぼ撃沈です・・なきたい)

 

フリーターは期間が長くなると就職率が下がる

とにかくフリーターの就職は早めに動くが大切です。

フリーター期間が半年の人とと3年以上の人では約20%も就職率が変わってきます。

(フリーター期間半年の男女平均64.0%。3年以上は48.9%)

 

1年年を取ると就職意欲も下がっていくのでフリーターの寿命が減っていきます。

今の年齢で就職するぞという意気込みは本当に大切になってきます。

 

転職エージェントを使う必要性

転職エージェントは求職者と人材を募集する企業の仲介役のポジションです。

転職エージェントは企業にあなたのような人材を紹介し、内定が出ることでお金を生み出しています。

そのため、求職者に内定を獲得してもらうために質の高いサービスを提供しないといけません。』

ハローワークや転職サイトだと、履歴書と職務経歴書だけが自己PRのツールです。

しかし、エージェントの場合は応募企業の人事とのパイプも太いので、

エージェントの担当者から企業の人事に求職者を売り込むことをします。

そのため一人での就活よりもアピールできるので書類審査の通過率が格段に上がります。

POINT
  • どんなに調べても出てこない30代無職でも応募できる非公開求人を持っている
  • エージェントから企業の人事役に選考以外でもアプローチしてもらえるので、書類選考・面接通過率が上がる
  • 効率よく就活が出来る

30代フリーターでも使える転職エージェントはDODAがオススメ

転職サイトのDODAは30代フリーターでも仕事を紹介してもらえるエージェントです。

実際に29歳フリーターの僕が使ってみましたが、かなり満足しています。

大手で30代フリーターでも使えるただ一つのエージェントではないでしょうか。
(実際に私はリクルート、マイナビは断られましたがDODAは断られませんでした)

大手エージェントでは唯一30代職歴なしでも使えるエージェントです。

対象者 拠点一覧 求人内容
既卒・第二新卒・フリーター、20代、30代(経歴による) 北海道、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡 営業、IT、SE、事務、経理、企画、販売、クリエイターなど多くの業種と職種

\  DODAの登録はこちらから  /

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です