DODAは中退でも使える?大学中退、高校中退のパターン

 

 

Q:DODAは中退でも使えますか?

A:はい、使えます。

 

しかし使えると言っても、どんな人でも使えるという訳ではなく例外があります。

今回は、そんな例外を見ていきましょう。

ちなみに、大学中退で20代ならかなりの高確率で利用できます

高校中退だと、色々な条件がありますが、職歴があり20代中盤までなら使える可能性が高いです。

この条件に当てはまる人はさっそく登録してみましょう!

 

 \ DODAの登録はこちらから /

 

高校中退の場合は職歴が重要になってくる

高校中退していても、すでに職歴を積んでいて社会人経験が長ければDODAを使える可能性は高いです。

目安の年齢は難しいですが、5年くらい社会人経験があれば問題ないでしょう。

 

逆にダメなパターン

逆にDODAの登録を断られる高校中退者の場合は年齢が20代後半~30代の人。

職歴が短い人は断られる可能性が非常に高いです。

DODAは大手のエージェントですが、こういう人たちは断られる可能性が高いので高校中退者でも受け入れているエージェントを使った方がいいでしょう。

学歴が不問・書類選考なしのエージェント:あなたに合った企業への就職を徹底サポート!DYM就職

 

大学中退者の場合は20代なら高確率で利用可能

大学中退者なら高確率でDODAは利用できるでしょう。

しかし、大学を中退した後にフリーターをずっとしている人は厳しいかもしれません。

逆に一度でも職歴があり1年以上正社員を経験していれば問題ありません

30代で職歴がない人はDODAに断られる可能性があるので注意が必要ですよ。

 

DODAは高卒フリーターで職歴がない29歳でも使えた

僕は29歳まで高校を卒業後ずっとフリーターで生活をしていました。

就活をするときに大手のエージェントを使いたくて、リクルート、マイナビ、DODAに登録。

結果、利用できたのはDODAのみで、他の2つは断られました(笑)

高卒で、29歳で、しかも職歴がない僕でも使えたので是非チャレンジしてみてください。

かなりの高確率で利用できるかもしれません。

 \ DODAの登録はこちらから /

 

DODAの利用確率を上げる方法

DODAの利用確率を上げる方法は自由記入欄を活用することです。

この自由記入欄は決して空白で登録しないでください。

ここは今、あなたがどんな仕事を希望しているかやどんな仕事を紹介してほしいかをかけます。

つまり、経験に自信がなくても、「アルバイトでこんなことをしていたので、こんな仕事をしたいです!」と職歴がなくてもPRすることが出来ます。

例1:

アルバイトでサービス業(飲食店)を長い間やっていました。

対人スキル、コミュニケーション能力を身に着けることが出来ました。希望職種は食料品の営業を希望していて、アルバイトの経験を活かせる仕事を探しています。

 

しれっと、自分がやってきた経験を書いて、更にはそれに関連する仕事を希望していることを書きましょう。

こうすることで、DODA側に就職意欲を見せ、紹介できる求人の幅を広げてもらうことが出来ます。

 

断られる理由は紹介できる求人がないということ

つまりなるべく紹介できる求人を増やす方法を考えればフリーターだろうと、高校中退だろうと、大学中退だろうと利用できる可能性を上げることができます。

DODAは自由に書けるところが、自由記入欄しかないので、ここを積極的に活用してください。

 

高校中退でも、大学中退でも大手エージェントで利用できるのはDODAだけです。

 \ DODAの登録はこちらから /