履歴書が落ち続けるなら書類選考がないエージェントを使ってみよう

 

フリーターからの就活で最初の難関は間違いなく書類選考でしょう。

僕自身、29歳の時に就活を始め最初の3か月は全くといって良いほど書類選考が通りませんでした。

通過率は2割行かない位です。

 

エージェントを使ってようやく書類選考の通過率が格段に上がりましたが、それまでは本当に悲惨な結果でした。

 

フリーターの就活ではハロワ、転職サイトよりもエージェントを使おう

エージェントは人材紹介会社で求人紹介、就職支援を無料で受けることができます。

ハローワークの上位互換だと思ってもらえればOKです。

 

僕自身ハロワと転職サイトで就活をしてそれぞれ20社ずつくらい履歴書を送りましたが、2、3社しか通過しませんでした。

しかし、フリーター特化のエージェントに登録したら、3社送って2社履歴書が通りました。

そのくらい、エージェントとハローワークでの就活では効率が変わってきます。

 

書類選考は落ちても対策方法がない?

落ちる履歴書には決まった条件があり、それらの条件は確実に守る必要があります。

しかし、その条件を守っても必ず履歴書が通るというわけではありません。

僕の場合はフリーター期間が長かったので(11年間、高校を卒業してからフリーター生活)、いくらいい履歴書を作っても年齢と経歴で落ちることが多かったと思っています。

 

履歴書で守るべき8か条

  • 履歴書が汚い(折れていたり・よれよれ)
  • 誤字・脱字が多い
  • 字が汚い
  • はしり書き、なぐり書き
  • 年号と西暦、漢数字と算用数字が混在
  • 正式名称を書いていない(株式会社を㈱や住所にハイフンなど)
  • 履歴書に空白が多い
  • 証明写真に気合が感じられない

 

これらを気を付けるだけで、本当に少し・・・・少しだけ通過率が上がった気がします。

 

書類選考で落ちる理由が分からないので、書類選考がないエージェントを使ってみる

ハローワークでの就職支援には履歴書添削があります。

全然履歴書が通らなかったので受けてみてその後も履歴書を送り続けましたが、結果は全然変わらなかったのを覚えています。

ハロワの職員さんのレベルも人によってまちまちだったので、受けたから書類の通過率が上がるなんてことはないと思います。

 

もし、あなたが書類添削に苦しめられていて、もしくはこれから就活を始めようとしているなら、書類添削がない求人を扱うエージェントを使ってみてはどうでしょうか?

 

フリーターからの就職はフリーター期間が重要

なぜDYMを使うことをオススメしているかというと、『フリーター期間が長くなると就職率が下がる』傾向が強いです。

独立行政法人労働政策研究(第3回若者のワークスタイル調査)の研究ではフリーターの期間ごとの就職率を上のグラフで示しました。

半年までだと男女平均で64%の就職率。

これが3年以上になると男女平均48.9%まで下がります。

 

特にフリーターから初めての就職では、書類選考にもたつく傾向が強いです。僕もそうでしたし、他のフリーターの人もその傾向が強いです。

そのため、なるべく書類選考には時間をかけない方が得策だと思います。

書類選考でのもたつきは間違いなく就活のモチベーションを著しく下げます。

 

DYM就職はフリーター特化で書類選考なしのエージェント

せっかく正社員を目指しているのでモチベーションを下げない就活が重要です。

DYM就職はフリーター・ニートなどの20代に特化したエージェントで、全て正社員求人にも関わらず、書類選考がありません

そのため、面接が1回しかない企業もあり最短で1週間で正社員になっている人も多いです。

DYMを利用した96%の人が正社員になれており、既に5000人以上の人が正社員就職を果たしています。

拠点も全国6拠点(東京、大阪、福岡、札幌、名古屋、広島)あるので、幅広い地域の人が使えるのもオススメです。

モチベーションを下げず、一気に正社員を目指したい人は使ってみる価値があると思います。

対象者 求人内容 実績 内定まで
18歳~29歳までのフリーター

(東京、大阪、福岡、札幌、名古屋、広島の6拠点あり)

営業、エンジニア、販売サービス、企画マーケティング、事務管理、クリエイティブ 5000人の就職実績

就職率96%

有力企業の非公開求人2000以上

最短1週間

平均1か月

\ DYM就職の登録はこちらから /

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です