大卒フリーターの就職はやばい?おすすめ就活方法を紹介

 

 

大卒フリーターの就職はやばい??

いえ、全然やばくありません。

大卒フリーターの就職率は皆さんが思っている以上に高く、効率よく就活をしていけば全然正社員になれます。

しかし、長期的な就活ではなく短期決戦をオススメします。

 

フリーター期間が長くなると就職率は下がる

フリーターの労働調査をしている独立行政法人の研究ではフリーター期間が長ければ長いほど就職率が下がっていくと書かれています。

同調査ではフリーター期間が半年以内の就職率は男女平均で64.0%

しかし3年以上に48.9%まで下がります

大卒フリーターの人は今のフリーター生活を早めに終わらせるために行動をし続けることが大切になってきます。

 

参考

独立行政法人労働政策研究・研修機構の大都市の若者の就業行動と意識の展開「第3回若者のワークスタイル調査

25歳~34歳のフリーターの割合が年々増えている

内閣府が調査したフリーターの推移結果ですが、15歳~24歳までのフリーターは下がっていますが、25歳~34歳のフリーターの割合は年々増えています。

そもそもフリーターは15歳~34歳までのパートやアルバイトで生活をしている人で、その数は約180万人と言われています。

そのうちの25歳~34歳の7%がフリーターというから驚きです。

大卒フリーターということは23歳以上ということになると思いますが、皆さんが思っている以上にフリーターの数は多いのが現状です。

フリーターの就職に学歴はそこまで関係ない?

先ほど紹介したフリーター研究をしている独立行政法人の調査ではフリーターと学歴の関連性についても載っています。

実はフリーターからの就職の場合『就職率に学歴は関係ない』ということが分かっています。

男性の高卒者の正社員になれた割合は66.7%

それに対し高卒超(専門、大学卒)の就職率は57.1%と低くなっています。

逆に女性だと高卒までは43.7%。しかし高卒超は53.5%となっています。

 

まとめ

男性は高卒までが就職率が高い。

しかし、女性は高卒超の方が就職率が良い。

そこまで差はないので、学歴と就職率の関係性はそこまで強くない

大卒フリーターの就職方法を考える

フリーターの期間が長ければ長いほど就職率は下がります。

そして、就職率に学歴はそこまで関係ありません。

しかし、せっかく大学を卒業したなら大卒以上の仕事を見つけたほうがいいと思います。

ここでは、大卒フリーターの就職方法を見ていきます。

 

候補1:ハローワーク

就職活動をする人ならまずハローワークに行くと思います。

各自治体に必ずあるので手軽に使えるのが特徴です。

しかし、求人の質は高くなく、田舎に住んでいない限りあまり使うメリットはありません。

田舎の方だと地元の企業が多く載っているので、使うメリットは大いにあります。

ただし、就職支援はあてにならないので、履歴書添削、面接対策など就職サービスを受けたい人には向いていないでしょう。

 

候補2:就職サイト

リクナビネクスト、マイナビ転職、エン・ジャパン、@typeなどなど色々あります。

大学を卒業して3年以内なら新卒と同じように扱われるので就職サイトを使ってみるのも手です。

しかし、ストレートで就職する人たちとの勝負になるので、大卒後フリーターとして働いていた期間をマイナスと捉える企業も多くあります。

そうなると、転職サイトの方がいいかもしれません。

 

候補3:エージェント

エージェントは人材紹介会社のことです。

あなた(求職者)と求人を出す企業のパイプ役です。登録することで求人紹介、質の高い就職支援(履歴書対策、面接対策、就職相談)を無料で受けられます。

登録後、ヒアリングを受けに会社に行く必要がある以外は、非常に効率よく就活が出来ます。

ハローワークの上位互換だと思ってもらえればOK。

 

29歳高卒フリーターが全て使ってみて、エージェントが一番良かった

僕は高校を卒業してから11年間、フリーターとして生活をしていました。

29歳の時、付き合っていた彼女の両親の家に挨拶をしに行き「フリーターとの結婚は認められない」と言われ撃沈。

そこから死ぬ気で就活をしましたが、正社員になるまで苦労したのを覚えています。

 

ハロワ・転職サイトで40社履歴書を送ったが、通過したのは3社(笑)

ハローワークと転職サイトを使って就活をしましたが、初めての就活ということと、経歴がめちゃくちゃなのでなかなか書類選考すら通りませんでした。

通過率は1割いっていません。

そこから、ハローワークの就職支援で履歴書添削サービスを受けましたが、一向に通過しませんでした。

三か月間で就職を決めたくて必死になって就活をしましたが、書類選考すら通らない自分へのイライラはマックスでした。

 

友人に紹介されたフリーター特化のエージェントに登録。面白いように履歴書が通る

今までの就活が嘘だったかのように、書類選考が通過しました。

登録し、ヒアリングを受けに東京に行き、そこで履歴書添削を受けました。

受ける企業の求人も多く、「この企業の人事はこういう人材を求めている」「過去にはこんな質問が面接で聞かれた」など、普通の就活では絶対知りえない情報を教えてもらえました。

 

結果、初めのヒアリング後に送った履歴書3社中、2社が書類選考を通過できました。

ここまでハローワークと違うがでるの??と驚きました。

 

20代の大卒フリーターは人手不足の業界に就職?

現在多くの企業で人手不足が叫ばれ、特に情報サービス業、小売業、運輸倉庫業、建設業などでは人手不足は深刻です。

 

大卒フリーターはこれらの業界を狙って就職したほうが早く内定をが出るのか?

いえ、20代の大卒フリーターはわざわざ人手不足の業界に行かずとも仕事を選べます。

20代を求める企業は多く、フリーターだから要らないということにはなりません

 

DYM就職を使えば就活はヤバくない

DYM就職は新卒の紹介実績№1のエージェントです。

新卒にも強いエージェントなので、大卒フリーター向けに求人も数多く取り揃えています。

フリーター・既卒・第二新卒にオススメで、就職相談した96%の求職者が内定を獲得しています。

また、全ての求人が書類選考なしです。

そのため、1回しか面接がない求人に応募してスムーズにいけば1週間で内定をゲットできます。

拠点も全国6ヵ所あるので、地域に関係なく使えますよ。

対象者 求人内容 実績 内定まで
18歳~29歳までのフリーター

(東京、大阪、福岡、札幌、名古屋、広島の6拠点あり)

営業、エンジニア、販売サービス、企画マーケティング、事務管理、クリエイティブなど 5000人以上の就職実績

就職相談後の就職率96%

有力企業の非公開求人2000以上

最短1週間

平均1か月

\ DYM就職の登録はこちらから /

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です