20代後半フリーターの就職方法はエージェント|29歳で就職した元フリーターの就職方法

 

 

20代後半フリーターで正社員を目指そうとすると間違いなく苦戦します。

29歳まで高校を卒業してから11年間フリーターとして生活していた僕は、マジで苦戦しました。

書いても書いても、通らない履歴書。

面接試験では「なぜフリーターになったのか?」と聞かれ、内心では「うーん、色々考えるのが面倒だったから」とも言えず、テキトーな返し。

そんな回答はうさん臭いし、自己分析を出来ていないと思われ、当然落ちる。

そんな就活で苦戦した僕が導いた20代後半からの必勝法は、間違いなくエージェントを使うことです!

 

エージェントってそもそも何?

実は、僕はハローワークと転職サイトしか就職方法がないと思っていました。

当然、僕はエージェントの存在なんて知りません。

あまりにも就活が上手くいかず、友人におすすめされたのがエージェントだったんです。

 

エージェントはあなた(求職者)と求人を出す企業のパイプ役で人材紹介会社とも言われます。

登録することで求人紹介、就職支援(履歴書添削、面接対策)、就職相談を無料で受けることが出来ます。

やっている内容はハローワークと同じですが、求人の量が多く、質も高いです。

そして、支援のレベルも非常に高いのでハローワークの上位互換と言われています。

原則、登録後キャリアカウンセリングを受けに会社に訪問する必要があります。

 

エージェントのデメリットは30代になると使えなくなるところが多い

エージェントは効率よく就活するには必須です。

求人の量が多く、支援の質も非常に高い。

20代後半フリーターなら使わない手はないでしょう。

しかし、そんなエージェントにもデメリットがあります。

それは『30代になると、急にどのエージェントも登録を拒否され、使えなくなる可能性が高くなる』ことです。

これは、「30代で経歴がない(経歴が少ない)あなたには紹介できる求人がありません」という意味になります。

なので、もしあなたが効率よく就活をしたいなら、絶対20代後半の、今から始めたほうがいいです。

 

ハローワークで書類選考が落ち続けた三か月間

僕は就活を始めた当初はハローワークを使っていました。

しかし、面白いほど履歴書が通らない。

40社送って、通過したのはわずか2、3社

履歴書は志望理由を考え、手書きで書き、ミスがあったら修正し・・・・本当に手間がかかる。

自分をアピールする手段なので仕方ないんですが、落ち続けると本当にショックを受けます。

 

ハローワークの履歴書添削を受けてみる

あまりにも履歴書が通らないので、見かねたハローワークの職員さんが「書類添削のサービスでも受けてみたら?」と提案をしてくれました。

無料だし、受けてみたんですが、結果は最初と全然変わらず

それどころか、最初に当たった担当者が本当に嫌な人で上から目線。

「29歳までフリータですか・・・正直厳しい」のようなことを言われ、「いやいやそんなことはいいから!はよう添削せんかい!!!!」と心の中で突っ込んでしまいました。

添削が終わり、見てみると誤字脱字のチェックだけ。

「ちょっとムスっとすることを言われ、このレベルですか?もう絶対使わない」と心に誓いました。

 

ハローワークの就職支援は人によってレベルに差がある

僕が当たったのがたまたま変な人だった可能性は高く、他にも何回か履歴書添削を受けてみました。

中にはいいスタッフさんもいて、スタッフによってレベルがまちまちだと感じました。

特に、就職支援は手が空いているスタッフから対応するので、変な人に当たる可能性もあります。

それでいてレベルがまちまちなので、あまり使うことはオススメできない・・・というのが僕の回答になります。

 

エージェントを使ってみた

心配した友人がエージェントを紹介してくれ、初めてその存在をしることになりました。

ハローワークの就活を始めて3か月が経過し、まったく結果が表れていませんでした。

本当に藁にもすがる思いで登録したのを覚えています。

登録は簡単で、直近の職務経歴(アルバイト)、学校の卒業年月日などを記入。

その後、電話で面談の日時の設定や就職相談をしてもらえました。

面談当日はリラックスした雰囲気で和気あいあいと話が出来、そしてその場で求人紹介をしてもらえました。

 

3社中応募し、まさかの2社書類選考に通過

まさか(笑)(笑)

最初に紹介してもらった求人の中で気になるものに3社応募しました。

履歴書添削はレベルが高く、企業ごとに効果的な伝え方を教えてもらえました。

人事とのパイプが太いからこそ、出来ることだと感じましたね。

しかし、こんなに簡単に通過していいの?と不安にもなりました。

ハローワークでやっていた3か月間は一体何だったんだ!

これは夢か幻か?

けど受かったから面接頑張ろうと思えました。

 

結果その2社は内定

面接も「過去にこんな質問がありました」、「面接の雰囲気はこんな感じです」のように情報を多くもらえたので非常にリラックスして臨めました。

1社は2回面接があり、1社は1回。

どちらも、エージェントからの情報があったからこそ、対策が立てられたのが大きいと思っています。

 

結局、個人での就活(ハローワーク、転職サイト)では自分では分からない部分が多いと感じました。

履歴書が通らなくても対策が練られないし、面接でも同じことです。

原因を考えても素人の僕らからしたら答えが見えづらい

その見えづらい答えをエージェントは具体的に言葉にしてくれるので、間違いなく効率的に就活ができ、更には内定へも近いと実感しました。

 

20代後半で「就職しないとやばい!」と感じるならエージェントを活用してみよう

実際に僕が使った大手のエージェントはDODAになります。

大手ならでは、圧倒的な求人量と、就職支援のレベルは非常に力強く感じます。

リクルートに次いで業績2位のエージェントで、圧倒的な支持を得ています。

実際僕はリクルート、マイナビなど大手のエージェントに登録しましたが、登録で断られました。

しかし、DODAだけ唯一使えたので、フリーターで経歴がない人にもおすすめですよ。

拠点も全国にあるのも利用しやすい魅力の1つになります。

対象者 求人内容 実績 内定まで
29歳までのフリーター
(北海道、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡拠点あり)
全ての業種、職種

大手エージェントなので求人の量、質ともに最高です

29歳フリーター、社会人経験がない僕が使え、2か月で2社内定をゲットできました。

(他のフリーター実績は不明)

 

人によるが条件のいい会社に入れる可能性が高い

\  DODAの登録はこちらから  /

DODAを登録するときの注意点

DODAは大手エージェントで利用出来れば力強いです。

しかし、人によっては断られることもあります

ここではDODAを利用する為に、登録時に気を付けるポイントを書いていきます。

 

以下3点がDODAを使うために気を付けるポイントです。

  • 登録時に詳細を書く
  • 過去にやったことがある仕事の求人を探す
  • 最初のヒアリングにすべてをかける

 

登録時に詳細を明記する

DODAは登録時、上の画像のような自由記入欄があります。

この空欄を希望の業種や今までの経験を基に詳しく記載することで利用できる可能性が上がります。

間違っても空白で登録しないでください。

理由はフリーターでここを空白にすることで就職意欲がない。

しかも紹介できる求人も少ないとDODA側に捉えられる可能性が高いからです。

この空欄に過去にやったことがある仕事を書いてもいいです。

 

過去にやったことがある仕事の求人を探す

例えば、あなたが短い期間でも正社員経験があればその仕事も探している旨を最初の登録時に記載しましょう。

もちろん、それ以外の仕事を探していれば、その旨も書き足しましょう。

もし正社員経験がない人は、アルバイトでやった仕事を探していることを記載します。

こうすることで少しでもマッチする求人を増やすことが出来ます

マッチ出来る数を増やすことで、DODAからの支援を受けやすくなるでしょう。

 

最初のヒアリングにすべてをかける

全てのエージェントは登録をするとメールか電話で連絡が来ます。

リクルートやマイナビは断られる場合、簡単で素っ気ないメールを1通送ってきます。

しかし、DODAの場合、サービスが使えそうにない場合でも「とりあえず一度ヒアリングにきませんか?」と誘われることがあります。

このメールが来たらラッキーです。

あなたのヒアリング次第でサービスを使うチャンスは十二分にあります。

このメールを断ることはせず、ヒアリングで今までの経験をアピールし本気で就職したい旨を伝えましょう。

一度会ってみて、担当者が紹介できる求人があればサービスを使える可能性が非常に高くなります。

 

3点を守ってDODAを使って20代後半でも正社員を目指そう

DODAはフリーターでも利用できる可能性が高い唯一のエージェントです。

良い会社に就職したい。給料のいい会社に就職したい。

こう思うのは当然のように感じます。

長年フリーターをやっていたり、職歴がないので無理だと諦めることが殆どだと思います。

僕もそうでした。

しかし、DODAを利用して、そうじゃないんだと分かりました。

しっかり就活をすれば、良い会社に就職できることが分かりました。

20代後半で就職に不安を抱えているなら、是非DODAを登録してみてください。

対象者 求人内容 実績 内定まで
29歳までのフリーター
(北海道、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡拠点あり)
全ての業種、職種

大手エージェントなので求人の量、質ともに最高です

29歳フリーター、社会人経験がない僕が使え、2か月で2社内定をゲットできました。

(他のフリーター実績は不明)

 

人によるが条件のいい会社に入れる可能性が高い

\  DODAの登録はこちらから  /