転職回数が多い20代の就職方法

 

転職回数が多いというのは、一体どのくらいの回数なのでしょうか?

一般的に4回目の就職から転職回数が多いと言われていますが、4回だったら就職できる人も多く居ます。

仮にあなたが29歳で大卒なら、22歳から就職して7年間に4回目の転職活動をすることになります。

平均すると1社、2年ちょっと1社にいる計算になります。

 

20代で4回目の転職活動は厳しい?

正直、4回目の転職活動ともなると厳しいです。

しかし、1社目から一貫して同じ業種についていたり、スキルアップと言うものが明確であればやり方次第では転職は出来るでしょう。

逆に新しい業種などにチャレンジする場合は相当の覚悟が必要になります。

 

20代で4回目の転職活動は派遣や非正規しか仕事がない?

女性の場合は4回目の就職活動だと正社員就職が難しいと言われています。

エージェントを使うと「4回目の転職だと非正規か派遣しかありませんよ!」って言ってくるエージェントもあるくらいです。

先ほども書いたように一貫して同じ業種についていればそんなこともないかもしれませんが、コロコロと業種を変えていると非常に就活が厳しいでしょう。

 

転職回数が多いとエージェントを断られる

実際に大手エージェントになると転職回数が多いと登録を断られるケースがあります。

目安は4回目、5回目以上といった感じです。

登録は出来ても、正社員の求人を紹介してもらえず、派遣や非正規の求人しか紹介してもらえないケースもあります。

 

20代で転職回数が多い人は大手のエージェントは避けたほうがいい?

避けなくても大丈夫というのが結論です。

しかし、エージェントによっては断られるケースもあるので「もしかしたら断わられるかもしれない・・・」と覚悟を持って登録してみるといいでしょう。

大手のエージェントオススメは【リクルートエージェント】とDODAです。

リクルートエージェントは業界1位の実績で求人数が多いです。

DODAは29歳までフリーターをやっていた僕が使えたエージェントでお世話になりました。

リクルートエージェントに次いで求人が多いのも特徴です。

 

おすすめエージェント

リクルートエージェントの登録はこちら:【リクルートエージェント】

DODAの登録はこちら:転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

大手以外のエージェントも視野にいれてみよう

リクルートエージェント、DODA以外でも20代に特化したエージェントは存在しています。

特に転職回数が多い人は大手エージェントだと断られることがありますので、大手以外のエージェントも視野にいれてみましょう。

お勧めは以下の2つのエージェントです。

 

マイナビエージェント

大手エージェントの中にはいりますが、20代・30代に人気のエージェントです。

大手企業の求人だけではなく、中小零細企業などの求人も多く扱っています。

支店も全国にあるので使い易いのも特徴です。

\ マイナビエージェントの登録はこちらから /

 

 

DYM就職

全て正社員求人を扱っているので非正規や派遣の求人がありません。

また求人のすべてが書類選考がなく面接試験から開始できるのも特徴です。

学歴は不問で29歳までの人ならだれでも使えます。

拠点は東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・広島にあります。

\ DYM就職の登録はこちらから /

 

上で紹介したリクルートエージェント、DODA、マイナビエージェント、DYM就職を使えば転職回数が多くでもエージェントを使い効率よく就活が勧められます。

是非、使えるものは駆使して、転職回数が多くても内定をしましょう。