フリーターの就職支援をランキング形式で発表する|元高卒フリーターの就職

 

 

29歳の時に就活を始めた元フリーターです。

高校を卒業して11年間フリーターとして生活をしていたので、職歴なしのド底辺になります。

しかし、そんなド底辺だった僕は今、結婚をし、正社員としてお金を稼いでいます。

 

そんな僕が実際に使ってみて良かった就職支援をランキング形式で発表していきます。

 

5位 ハローワーク

ハローワークは各市町村にあるので、利用しやすいのが特徴です。

求人はその地域の中小零細企業が中心で、大きな企業は少ない印象でした。

ただし、その地域で就職を検討している人は必ず利用したほうがいいと思います。

履歴書添削、面接対策などを無料で受けられますよ。

 

実際に使ってみて

僕はハローワークとの相性が最悪でした。

職員のレベルがまちまちで派遣社員も多いので、業務の質の低さが伺えました。

履歴書添削も受けましたが、一向に書類選考が通過しませんでした(笑)

しかし、面接練習は企業の元人事や人材紹介会社の人を呼ぶので受ける価値があります。

 

4位 第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントネオは第二新卒・既卒・フリーター・ニート・高卒・中卒の28歳までが利用できるエージェントです。

関東圏・関西圏の大企業~中小零細・ベンチャー企業まで幅広い求人を持っています。

ここは何と言っても、面接対策のレベルが高いです。

そのため、面接が苦手なフリーターにはオススメできます

 

実際に使ってみて

エージェントを使うと、書類選考・面接試験結果のフィードバックが返ってきます。

落ちた場合は、落ちました。

受かった場合は、こういう理由で絶賛していました!などなど、いい評価が返ってきます。

しかし、ほとんどのエージェントは面接で落ちた理由を明確にせず、「次!受けましょう!」と言ってくるだけです。

第二新卒エージェントネオは、なぜ落ちたかを明確にし、次の面接では同じ失敗をしないように対策が出来ます。

面接が苦手、面接でいつも落ちる・・など不安がある人にはオススメできるエージェントです。

\ 第二新卒エージェントネオの詳細と登録はこちらから /

 

3位  DYM就職

DYM就職はフリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援サービスです。

全ての求人が書類選考なしで応募でき、就職相談に行った96%が就職できるという驚異の数字を持っています。

拠点も全国6拠点(東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・広島)あるので、使い易いのが特徴です。

 

実際に使ってみて

書類選考がない、そして全国の求人を扱っているのが特徴的でした。

求人は大手はそこまで多くなく、中小企業がメインと言った感じ。

ですが、待遇が悪い求人は少なく、「むしろこの会社で履歴書なくていいの?」と思う求人が多かったです。

就職相談を受けた後、3週間で内定を2社もらえることが出来ました。

\ DYM就職の登録はこちらから /

 

 

2位 ハタラクティブ

フリーター就職で一番、有名なのがハタラクティブではないでしょうか。

僕が初めて使ったのがこのエージェントでした。

ここを使うまではハローワークで就活をしていて40社送った履歴書で通過したのは2、3社。

しかし、ここで初めて応募した求人では3社送って2社履歴書が通過しました(笑)

 

実際に使ってみて

ハタラクティブは関東圏中心のサービスです。

東京・神奈川・千葉・埼玉がメインなので、ここ以外で就職を考えている人は対象外になります。

しかし、使えば納得の求人量とサービスでフリーター実績№1の力を見せつけられますよ。

\ ハタラクティブの登録はこちらから /

 

 

1位 DODA

堂々の1位はDODAです。

何と言っても大手のエージェントだけあって、求人量が他のエージェントと比べても段違い。

更に誰もが知っている大企業の求人も多く、質が高い。

就職支援のレベルも高く、フリーター就職でまず候補にあがるのがDODAでしょう。

 

実際に使ってみて

大手エージェントではフリーターということで登録が断られることが多いです。

業界1位のリクルートエージェント。20代・30代に圧倒的支持を得ているマイナビエージェントの2つには僕は断られました。

そんな時に、唯一29歳のフリーターを受け入れてくれたのがDODAでした。

内定も一か月でトントンと決まりましたし、就職支援のレベルも非常に高いです。

拠点も全国にあるので使い易いですよ。

とにかく、大手がいい!いい求人を見たい!ってフリーターには絶対的におすすめです。

\  DODAの登録はこちらから  /