フリーターの将来は絶望?29歳で就職したフリーターの話

 

 

フリーターの将来は絶望??

いや、正直そんなことはありません。

 

と言っても、今のままフリーターをやり続けたら絶望的になるかもしれませんが、

今から行動すれば最悪のシナリオを回避することは出来ます。

僕自身、高校を卒業して11年間フリーターとして生活していたとき、年を取るにつれて「このままだとマジでやばいかもしれん」と不安になったのを覚えています。

元フリーターから言えることは、「フリーターでいることに少しでも不安になるなら、マジで就職したほうがいい」

 

フリーターは就職できない?

フリーターは就職できないのでしょうか?

今まで就活をしてきて、全然受からなかった人も当然いると思いますが、ぶっちゃけ言っちゃうと「就活のやり方をミスるとフリーターからの就職は難しい」です。

フリーターにはフリーターの就活方法があり、正攻法で攻めないとなかなか上手くいきません。

ずばりフリーターの就活はエージェントを通した方がいいです。

 

エージェントって何?

エージェントはあなた(求職者)と求人を出す企業の仲介役で人材紹介会社のことです。

登録することで求人紹介、就職支援(履歴書添削、面接対策)、就職相談を無料で受けることが出来ます。

やっていることはハローワークと同じですが、求人量が多く、登録してある企業の質も高いです。

また、就職支援のレベルも非常に高いので、ハローワークの上位互換と言われています。

 

ハローワークよりいいの?

ハローワークより良いかは人によります。

しかし、ハローワークで全然書類選考が通過しない、面接が通過しない、内定が出ないという状況の人は、間違いなくエージェントを利用したほうがいいでしょう。

就活が上手くいっている人はハローワークでいいです。

 

エージェントをオススメする理由はいくつかありますが、とにかく就職支援のレベルが高い点です。

 

エージェントの就職支援のレベルが高いってどういうこと?

エージェントの就職支援は大きく分けて2つ。

履歴書添削と面接対策です。

ハローワークの履歴書添削では、誤字脱字チェック。文書がおかしい所がないかが中心で、応募する人事への効果的な書類の作り方までは意識していません。

しかし、エージェントの場合、企業の人事と太いパイプで繋がっているので、企業が求めている人材、チェックする能力、重視する人柄など、採用する人材への情報を多く持っています

そのため、ただの履歴書チェックと言っても、内容でまでしっかり修正し、効果的な履歴書を作り上げることが出来ます。

 

面接対策にしても同じです。

過去にどんな質問があったか、面接の雰囲気などなど、一人で就活していたら絶対分からない情報を教えてもらうことができるのです。

 

ハローワークで絶望した僕は、エージェントでは希望が生まれた

ここからは僕の実体験の話です。

僕は就活を始めたのは29歳で、高校を卒業後一度も就職をしたことがありません。

つまり29歳で職歴が1つもなかった、正真正銘のド底辺野郎でした。

こんな僕がハローワークで就活しても一向にうまくいかず、毎日「あーどうせこのままフリーターをやっていくんだろうな」と絶望していました。

 

そんな僕を見かねた友人がエージェントを紹介してくれ、正直「?」でした。

「エージェントってなによ?就活ってハローワークかサイトでやるんじゃないの?」って感じです。

 

登録後、面談をしに会社訪問

登録後、エージェントに訪問しキャリアカウンセリング受け、求人紹介、履歴書添削をしてもらえます。

僕の場合は面談で希望業界・職種、愚痴などいろいろ聞いてもらえました。

「29歳という年齢で就活苦労されてきましたよね。一緒に内定を目指しましょう!」という声までかけて頂きました。

この面談で求人を紹介してもらえ、3社応募してみました。

 

そしてハローワークでは全然通らなかった書類選考が、まさか2社通ってしまったのです!!!!

こんなうれしいことはなく、舞い上がったのを覚えています。

思えばハローワークで40社履歴書を送って、撃沈したっけかな・・・なんて悲しい思い出も嘘のようでした。

 

フリーターの将来は絶望ではない

気が付けばそのままトントン拍子で内定まで行くことが出来ました。

正直、本当にフリーターから正社員になれるか不安だったんですが、今ではしっかり正社員として働けています。

 

あなたを僕と同じようにフリーターでいることで将来に不安を抱えているでしょう。

不安を飛び越え絶望もしているかもしれない。

ですが、やり方さえ間違えなければ、フリーターからだって正社員になることは可能です。

 

フリーター就職ならDODAを使ってみよう

DODAは大手エージェントでも業界2位の売り上げを誇り、求人数がめちゃくちゃ多いです

29歳という年齢で登録し、リクルート、マイナビには断られましたが、唯一DODAだけは使うことが出来ました。

就職支援のレベルが高く、29歳職歴なしの僕でも無事1か月で内定を2社ゲットできました。

拠点も全国にあるので使い易いのも特徴ですよ!

対象者 求人内容 実績 内定まで
29歳までのフリーター
(北海道、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡拠点あり)
全ての業種、職種

大手エージェントなので求人の量、質ともに最高です

29歳フリーター、職歴なし
の僕が使え、2か月で2社内定をゲットできました。
人によるが条件のいい会社に入れる可能性が高い

\  DODAの登録はこちらから  /

 

DODAを登録するときの注意

DODAは大手エージェントで利用出来れば力強いです。

しかし、人によっては経歴によって断られることもあります

ここではDODAを利用する為に、登録時に気を付けるポイントを書いていきます。

 

登録時に自由記入欄を活用する

DODAは登録時、上の画像のような自由記入欄があります。

この空欄を希望の業種や今までの経験を基に詳しく記載することで利用できる可能性が上がります。

間違っても空白で登録しないでください。

理由はフリーターでここを空白にすることで就職意欲がないと判断される恐れがあり、紹介できる求人も少ないとDODA側に捉えられる可能性が高いからです。

希望の職種、こんな仕事に興味があるでもいいので、自分をしっかりアピールしましょう。

 

最初のヒアリングにすべてをかける

全てのエージェントは登録をするとメールか電話で連絡が来ます。

リクルートやマイナビは断られる場合、簡単で素っ気ないメールを1通送ってきます。

しかし、DODAの場合、サービスが使えそうにない場合でも「とりあえず一度ヒアリングにきませんか?」と誘われることがあります。

このメールが来たらラッキーで、ヒアリング次第でサービスを使うチャンスは十二分にあります。

このメールに断ることはせず、ヒアリングで今までの経験をアピールし本気で就職したい旨を伝えましょう。

一度会ってみて、担当者が紹介できる求人があればサービスを使える可能性が非常に高くなります。

 

DODAを使った人の口コミ・評判

 

DODAで絶望から抜け出そう

 

僕も毎日絶望を感じていました。

しかし、今はフリーター向けの良いサービスも多く、就職支援も揃っています。

本気で就職意欲があれば、いくらでもやり直しがききます。

DODAは僕を正社員にさせてくれたエージェントです。

11年間フリーターをやっていた僕でも就職できたので、使ってみてください。

対象者 求人内容 実績 内定まで
29歳までのフリーター
(北海道、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡拠点あり)
全ての業種、職種

大手エージェントなので求人の量、質ともに最高です

29歳フリーター、職歴なし
の僕が使え、2か月で2社内定をゲットできました。
人によるが条件のいい会社に入れる可能性が高い

\  DODAの登録はこちらから  /