28歳フリーターですが就職出来ますか?29歳で就職した元フリーターが回答します

 

 

こんにちは29歳で就職を成功させた元フリーター。(高卒です)

 

20代後半にもなってくると「このままフリーター生活を続けていいのか?」と常に不安が付きまとってきます。

僕も同じで、28歳の時は不安で不安で仕方ありませんでした。

僕の場合は29歳で結婚を考えなければ、そのままずるズルズルとフリーター生活を続けていたかもしれません。

 

28歳フリーターは就職できる可能性が非常に高い

まずは結論から書いていきます。

29歳で就活をしたときに「就職できるのか?」と常に焦りがありました。あなたも同じように今の生活に不安があり、そして本当に自分が正社員になれるか疑問に思っていると思います。

結論は『28歳フリーターなら正社員になれる可能性が高い』です。

 

しかし、そのためには効率よく就活をしていく必要があります。効率よくとはエージェントと言われる無料で使えるサービスを使うことです。

しかし、エージェントを紹介する前に、なぜこの結論に至ったかのを説明します。

 

ハローワーク・転職サイトで三か月間、就活をしてみて

29歳で就活を始めたときにハローワークと転職サイトを使いました。メインはハローワークを使い、転職サイトは補助的に使いました。

ハローワークは家の近くにあったのでよく行きましたが、ハローワークを使った書類選考は全く通りませんでした

29歳で職歴もない人が応募出来る求人は多くあります。しかし、応募出来ても履歴書の通過率が低く、20社送って2、3社通過したくらいです。

 

転職サイトも同じような結果で、書類の通過率が恐ろしく低かったのを覚えています。

しかし、当時はハローワークとサイトのみでの就活だったので『書類選考の通過率は20代後半フリーターなら、これが普通だろうなぁ』と思っていたんです。

 

しかし、エージェントを使ってみると、ハロワとサイトの書類選考の通過率が恐ろしく低かったことに気づいたんです。

 

エージェントを使ったら書類選考が面白いほど通った

あまりにも書類選考が通過しないので、友人に紹介してもらったエージェントを使ってみたんです。

その時、初めてエージェントという存在を知ったんですが、既に就活を初めて三か月が経っていました。

フリーター特化のエージェントと大手エージェントに登録。面談を済ませ、履歴書添削をしてもらい数社、履歴書を送ってみました。

 

驚いたことに最初に送った3社ともすべて書類選考が通りました。たまたまだろうと思って、大手エージェントの方も履歴書を送ってみたら、3社送って1社通りました。

 

今まででは考えられないような書類選考の通過率に驚きました。

 

やはり大手エージェントの方が求人の質が高いですが、それだけ審査がキツイ企業が多かったです。

と言っても、フリーター特化エージェントの求人も質は悪くなく、むしろ良いと思う求人が多かった印象があります。

 

面接対策もバッチリだった

人事担当者の人柄や面接で想定される質問など、一人で就活していたら分からない「企業の内側」の情報を教えてもらえました。

そりゃ・・・エージェント使った方が内定が早いわけですよ。妙に納得しました。

ハロワやサイトで就活をしても絶対分からない情報なので、面接の時は積極的に教えてもらいました。

 

数社内定をもらい、エージェントを使い始めて一カ月半で無事正社員になることが出来ました

 

エージェントはあなた(求職者)と企業のパイプ役

 

エージェントと言われる人材紹介会社は、あなた(求職者)と企業のパイプ役です。

登録をすることで求人紹介や就職支援(履歴書添削、面接対策、就職方法)などを教えてもらえます。

一般的には表に出てこない非公開求人が多く、利用してみると求人の多さに驚きます。

 

履歴書・面接対策が優秀なのでフリーターの就活はエージェントを使った方がいい

数百、数千件もの書類を見てきたアドバイザーが、書類の作成方法をアドバイスしてくれます。

各企業人事の選考ポイントに沿った具体的なアピールポイント方法を教えてくれるので、書類選考の通過率が非常に上がります。

 

(さっきも書いたが)人事担当者の人柄や面接で想定される質問など、一人で就活していたら分からない「企業の内側」の情報を教えてもらえます。

 

とにかく就職支援が優秀で効率良く就活が出来るので、僕はフリーターの就活はエージェントを使った方がいいという結論に至りました。

 

フリーター就職に学歴はあまり関係ない

僕も高卒フリーターだったんで学歴コンプレックスみたいなものがあったんですが、

就職率だけを見れば、高卒も短大・大卒・専門(グラフでは高卒超)そこまで変わりません。

むしろ男に至っては高卒の方が就職率が高いです。

 

女性に関して言えば、高卒よりも高卒超の方が就職率が高いですが、約50%あるので就職率は悪くはないです。

 

フリーターは学歴よりも期間で就活が厳しくなる

フリーター就職の場合、学歴よりもフリーター期間の方が大切になります。フリーターの期間が長ければ長いほど、就職率はどんどん下がっていきます。

 

フリーター期間が六カ月の人は男女平均で64.0%の就職率がありますが、3年以上フリーターをした人は48.9%しか就職できていません。

 

しかし、僕は高卒から29歳まで11年間フリータをしていました(笑)

そのため本気で就職するという意気込みがあれば期間が長くても就職できる可能性は非常に高くなります。

 

グラフ出典

独立行政法人労働政策研究・研修機構の大都市の若者の就業行動と意識の展開「第3回若者のワークスタイル調査

 

今の年齢で就職を決めよう

フリーター期間が長くなれば就職率は下がります。フリーター就職は29歳までが勝負です。

30歳になると途端に就職率が下がります。理由は30歳になると使えるエージェントがなくなるからです

 

いまの年齢で就活を決めるために、短期決戦で就活をしてみましょう。

殆どのエージェントは平均一か月半で就職している人が多いです。

 

フリーターにおすすめのエージェント2社

ハタラクティブ

利用者の9割が20代、半数近くの人が正社員経験なしという正真正銘のフリーター専門の人材紹介会社です。

スタッフも20代が中心で、同じ目線で気軽に相談できるのがポイントです。

フリーター向けの就職支援サービスでは間違いなくハタラクティブが最も知名度があります。

ただし、各拠点に訪問できる人限定で、拠点は東京都にしかありません。関東圏に住んでいる人が対象となるサービスです。

※登録後0120-979-185のフリーダイヤルから電話が来ます。ハタラクティブなので安心してください。

対象者 求人内容 実績 内定まで
29歳までのフリーター
(東京、神奈川、埼玉、千葉にお住いの人)
IT、流通、人材、教育、広告、マスコミ、メーカー、建築、不動産など 6万人以上の支援、書類選考通過率90%以上、内定獲得率80%以上 早い人で1週間

平均1カ月半くらい

\ ハタラクティブの登録はこちらから /

 

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoはフリーター、第二新卒などに強い人材紹介会社です。正社員未経験者でも応募できる求人を多く持っています。

ここの強みは何といっても、丁寧なキャリアカウンセリングです。どのエージェントよりも一人に割く時間が長く徹底した就職支援を受けられます。

 

仮に審査に落ちた場合でも、企業の人事と密に繋がっているので落ちた理由を教えてもらえます。そのため、次の選考では同じミスをしないように対策が出来ます。

 

ブラック企業を徹底的に排除するため、訪問した企業の求人しか扱わず、求人を受理するまでの審査もあります。

こちらのエージェントも東京に訪問する必要があるので関東近郊に住んでいる人に限られます。

※現在は大阪でも支援を受けられます。

対象者 求人内容 実績 内定まで
18歳~28歳までのフリーター
(関東近郊に住んでいる方)※現在は大阪でも支援を受けられます
営業、事務、総務、IT、福祉、医療、メーカーなど 就職実績者数:15000人以上

正社員未経験者求人:5000以上

二か月で辞めた第二新卒を内定させるサポート力

平均1カ月くらい

\ 第二新卒エージェントネオの登録はこちらから /

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です