自己分析は長所・短所から自己PRを考える為に必要

 

あなたは自分がどんな人間か分かりますか?

社交的、積極的、挑戦できる・・・正直、フリーターから正社員になるために就活を始めた僕は「自己分析、何それ?」状態だったのを覚えています。

自己分析と言われても漠然と、色々なことに挑戦したい性格だよな~しか分かりませんでした。

自分の長所・短所を分析するのが自己分析

就活をしていると履歴書に自己PRを書くことが多くなります。また、面接ではあなたの長所を教えてください。逆に短所も教えてくださいと聞かれることが増えてきます。

 

多くの人は自分の自己PRを書くこと、長所を述べることが出来ますが、そこから短所を考えことが苦手な傾向があります。

 

長所・短所の分析をしっかりしないと就活の書類選考・面接試験を突破するのが非常に難しくなります。

 

今の就活では自己分析は当たりまえ

今の就活では自己分析を重視する会社が多くなっています。

就職サイトを使ってみると自己分析機能がついているサイトもあり、診断結果を送付することも珍しくありません

 

企業の選考に参加すると受けることが多い性格診断も、あなたの特性を企業が知りたいという意味では自己分析と同じものだと考えられます。

 

本を買って自己分析してみた

 

僕は29歳の時、就活を始めました。学校を卒業しずっとフリーターで働いてきたので自己分析の方法が分からなかったので、本を買ってみました。

色々な本を読んでみて、いちばん良かったのは「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」でした。

 

自己分析だけではなく、自分のやりたいことや才能は何なのかを明確にしることが出来ました。

とりあえず就職ではなく、やりたい仕事を見つけたい!って人にはオススメです。

 

就職サイトの自己分析診断はかなり優秀

就職サイトの自己分析はかなり優秀で、下手な本を買うよりかは良いかもしれません。

私は先ほど紹介した「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」とリクナビネクストの「グッドポイント診断」を使いました。

 

グッドポイント診断はお金をかけてやる自己分析と同じくらいの価値がある

リクルートが今までの就職・転職者のデータを基に作った自己分析サービスです。今までのノウハウがすべてここに詰まっています。

学校の就活では自己分析を出来る所もありますが、その時やった自己分析よりも正確な気がするのは・・・僕だけではないはず(笑)

 

応募時に添付して、志望企業へあなたの強みが伝えられる

この自己分析は就職サイトであるリクナビネクスト内のサービスなので、求人サイトも併せて使うことが出来ます。

そして、気に入った企業には自己分析結果を添付でき、自己PRすることが出来ます。

 

グッドポイント診断のまとめ
  • 客観的に自分の強みを把握できる
  • 応募時に添付して、志望企業へあなたの強みが伝えられる!
  • 無料で使えるが、正確な診断結果が出る

 

フリーターからの就活は試せるものをすべて頼る

僕は29歳の時はじめての就活を経験しました。それまでフリーターのままでいいかなと思っていましたが、結婚をすることを意識し始めてから正社員を目指すことにしました。

自己分析のやり方なんて分からないし、とりあえず本を買ったは良いけど詳細なレベルまでの分析になってしまう。

そのためグッドポイント診断には僕にはすごくあっていました。

簡単に客観的に強みが分かるし、そこから求人も応募できる。

お金をかけて自己分析する必要なんてないなーって思いました。

 

もし、あなたがこれから就活をし始めようと思っているならお勧めのサービスです。

右も左も分からない人なら、こういった良いサービスを使ってみるのが手だと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です