フリーターは何歳まで出来る?長くなると抜け出せなくなる恐れあり

 

 

180万人

この数字は内閣府が調査したフリーターの数です。

そもそもフリーターは15歳~34歳までのパート・アルバイトなど定職に就かない人のことを指します。

35歳以上になると、フリーターという定義からも外れてしまうのです。

 

15歳~24歳は減少。25歳~34歳の年長フリーターは増加傾向にある

同じく内閣府が出した調査では15歳~24歳の若年層のフリーターは減少傾向にあります。

しかし、25歳~34歳のフリーターは上昇傾向です。

フリーターからの就職は年を取るにつれて就職が困難で、特に年長フリーターは就職が難しくなっていきます

 

フリーターは何歳まで出来る?の答えは「早く抜け出そう」

年を取ると就職率が落ちるのはフリーターだけではなく、一般的な就活でも同じことが言えます。

しかし、フリーターしかやってこなかった人は34歳が最後の就職チャンスです。

といいますか、30歳でも相当、就活に苦労すると思います。

 

フリーターは何歳まで出来る?

これの答えは「いくまででもフリーターで生きていけるが、少しでも今の生活に不安なら今すぐ抜け出すこと」になります。

 

フリーターをしている期間もかなり重要

それぞれの年齢毎のフリーター割合を見てきましたが、次はフリーター期間と就職率の話です。

フリーター期間が長くなればなるほど、就職率は下がる傾向にあります。

半年以内のフリーターの就職率は男女平均で64.0%。

これに対し、3年以上フリーターをすると、男女平均48.9%まで下がってしまいます。

 

若年層のフリーターなのか?年長フリーターなのかで就職率も変わり、更にフリーター期間が長くなると就職率が下がる。

こういう理由でフリーターは何歳まで出来るのか?の答えは「なるべくなら、早く就職したほうがいい」になるのです。

 

高卒後29歳まで11年間フリーターだった僕は就活に超苦戦した

なんで、こんなに早く就職したほうがいいかを勧めるかの理由は「自分が11年間もフリーター生活をして、いざ就職したいときに苦戦したから」です。

高校卒業後11年間をフリーターと過ごした僕は、真面目に考えず生きてきました。

しかし、結婚を考えたときに、このままではいけないと一念発起。

就活を始めたんですが、まーこれが、うまくいかない(笑)

こういう経験をしているからこそ、就職をしなきゃ!と思った時に苦戦するのを避けるために、フリーター脱出は早めがいいと思いますよ。

 

とりあえず就活するは正解の気がする

フリーター生活が長くなると、「今のままでいいと思う。別に困っていないし」と思うことが多いです。

実際僕もそうで、フリーター生活は楽しかったし、このままでいいと思っていました。

結婚挨拶をしに、相手の家に行き、「フリーターとの結婚は認められない」と言われるまでは(笑)

 

強い思いがないと、フリーターからの就職は難しいですが、職歴がないまま20代後半になると詰みます。

30代なんて相当苦労するでしょう。

そこから就活を始めても、もう遅いです。

それだったら、今から就活を始めて「受かったらとりあえず働いてみるかー」なんて考えでもいいと思います。

 

フリーター生活が長くなると書類選考が通らなくなる

フリーター生活が長くなるとまず書類選考で苦しめられます。

ここをクリアすると次は面接試験がありますが、履歴書でほぼ落ちます。

僕は40社送り、通過したのは2、3社。

その後ハローワークの履歴書添削を使いって再度送りましたが、まったく通過しませんでした。

 

もし脱フリーターを考えているならエージェントを利用したほうがいい

エージェントなんて僕は友人に紹介されるまで知りませんでした。

エージェントはあなた(求職者)と求人を出す企業の仲介で人材紹介会社のことです。

登録することで求人紹介、就職支援(履歴書添削、面接対策)、就職相談を無料で受けることが出来ます。

ハローワークとやっている内容が同じですが、求人数がとにかく多く、支援のレベルも高いです。

そのため、ハローワークの上位互換と言われています。

原則、登録後に一度エージェントを訪問しキャリアカウンセリングを受ける必要があります。

 

驚くほど書類選考が通るようになるのでオススメ

ハローワークでは40社送って2、3社しか通らなかった履歴書がエージェントを使ったら驚くほど勝率が上がりました。

登録後キャリアカウンセリングを受けに会社に訪問。

そこで、就職相談、希望の業界・業種、求人紹介をしてもらえます。

紹介してもらった求人の中から3社選び応募することになりました。

履歴書添削では各企業ごとに重視しているポイントを教えててもらい、「もっと具体的な経験を書いた方が伝わる。何か経験されませんでした?」といったように対話から添削ポイントを教えてもらえました。

企業ごとに人事が重視するポイント、企業が求める人材を知っているからこそのアドバイスは非常に重要です。

そして、そのおかげで効率的に就活が出来ます。

 

20代フリーターにお勧めなのはDODA

エージェントを選ぶときは大手を選んだ方が求人数が多く、質も高いです。

また、支援のレベルも高いので効率的に就活が出来ます。

大手エージェントはいくつかあり、29歳職歴なしフリーターで唯一使えたのがDODAでした。

(リクルート、マイナビなどの他のエージェントは審査が厳しくて断られました。)

拠点も全国にあるので使い易いのも特徴です。

対象者 拠点一覧 求人内容
既卒、第二新卒、フリーター、20代、30代(経歴による) 北海道、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡 営業、IT、SE、事務、経理、企画、販売、クリエイターなど多くの業種と職種

\  DODAの登録はこちらから  /