大学中退フリーターの就職方法は簡単?使えるサービスは最大限使おう

 

大学中退フリーターの就活は大変でしょうか?

実は、大卒フリーターと大学中退フリーターでは就職率が大して変わりません

高卒、大卒、大学中退だろうと効率よく就活すれば、大学中退というハンデはあまり感じません。

それよりも、大学中退フリーターが就職するために必要なことは他にあります。

 

 

フリーターの就職率は学歴があまり関係ない

独立行政法人労働政策研究がフリーターの就職率を調査したところ、高卒までと高卒超では就職率に大差は現れませんでした。

むしろ男性なら高卒までの方が就職率がよく、女性の方は高卒の方が就職率が悪くなっています。

フリーターからの就職を目指す場合、一概に学歴が関係あるとは言えない状況が調査結果で出ました。

 

フリーターの就職率はフリーター期間が重要

 

フリーターからの就職は大学中退と言うことよりも、フリーター期間の長さが重要になってきます。

僕自身11年間高校を卒業してからフリーターをしていましたが、フリーター期間が長いほうが就職意欲が下がるのを感じました。

 

先ほどと同じく独立行政法人の調査では、フリーター期間が半年以内の就職率は64.0%(男女平均)

それに比べ3年以上フリーター生活をしてしまうと48.9%まで下がってしまいます。

 

参考

独立行政法人労働政策研究・研修機構の大都市の若者の就業行動と意識の展開「第3回若者のワークスタイル調査

20代大学中退なら仕事は選べる

大学中退者でも20代であれば仕事は選べます。

しかし20代後半、30代になってくるとどうしても仕事が選びづらい状況になり、また人手不足の業界に行きがちになります。

一度フリーターになってしまったら、学歴はそこまで就職率に関係してきません。

しかし、フリーター期間が長くなるとどうしても就職率が落ちるので短期決戦での就活を心がけましょう

 

書類選考・面接試験対策は必須

書類選考と面接試験対策は必須です。

何故なら、企業側は大学中退をした人にプラスイメージをもちません。

プロの就職支援を受けつつ相談しながら就活をしたほうがいいでしょう。

 

気軽に使える就職支援にはハローワークがありますが、レベルがスタッフによってまちまちです。

また、ひどい人に当たると時間ばかりくって、選考がてんで進まないこともあるので注意が必要です。

 

エージェントを使うのがオススメ

就職エージェントは人材紹介会社のことで、あなた(求職者)と求人を出す企業を繋ぐパイプ役です。

登録すると無料で求人紹介、就職支援(書類添削、面接対策、就職相談)を受けられます

 

29歳フリーターの僕が使ってみて、就活の効率が加速した

僕は29歳の時に就活を開始しました。

高校を卒業して11年間フリーターとして生活していましたが、結婚を考え就職。

ハローワークと転職サイトを使って三か月間本気で就活をしましたが、一向に書類選考が通りませんでした。

40社履歴書を送って、3・4社通過しただけです。

 

しかし、エージェントを使い始め、紹介された求人3社に履歴書を送ってみたらビックリ。

何と2社も書類選考が通りました。

 

こういう経験を実際に僕自身がしているので、大学中退者でも同じことが起きると考えています。

なので、是非エージェントを使った方が効率よく就活ができると思いますよ。

 

大学中退者におすすめのエージェントは第二新卒エージェントネオ

第二新卒エージェントネオは20代をターゲットにしたエージェントです。

第二新卒と入っていますが、名前の由来はスタッフが全員元第二新卒だからです。

一人に充てるカウンセリングの時間が長く、他のエージェントではそんなこと?と思われそうなことでも親身になって相談にのってくれます。

中卒・高卒・大学中退などの人にも特化したエージェントは間違いなくここだけでしょう。

拠点が東京と大阪にしかないのが残念ですが、関東圏と関西圏に住んでいる人なら使う価値があります。

登録後、キャリアカウンセリングに行き、大学中退者でも受かる履歴書の書き方などのアドバイスをしてもらえますよ

対象者 求人内容 実績 内定まで
18歳~28歳までのフリーター、既卒、第二新卒、無職、高卒、中卒

関東地域、関西地域に住んでいる人
(拠点は東京と大阪にあり)

営業、事務、総務、IT、福祉、医療、メーカーなど 就職実績者数15,000以上

正社員未経験者求人5,000以上

二か月で辞めた第二新卒を内定させるサポート力

平均1カ月くらい

\ 第二新卒エージェントネオの登録はこちらから /

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です